eco-PENキャンペーントップ
サンエイテックのエコペン(eco-PEN)は、ステーターの中でローターを連続的に回転運動させて、 高粘度液剤やフィラー入り液剤でも脈動なく定量に塗布する容積移送式高精度ディスペンサーです。 今回からシリーズで、「エコペンが使用される現場」についてご紹介します。エコペンの構造は 「eccentric screw pumps (ユニークなスクリュー方式ポンプ)」 とも呼ばれ、従来方式のディスペンサーと比べて多くのユニークな特長や利点があります。お客様の製造現場の課題を解決する、一つのヒントになれたら幸いです。
ねえねえ、エコペンを使って塗布したいという問い合わせがいっぱいなんだけど… エコペンって、そもそもなんでエコペンなの?
エコペン(eco-PEN)という名前は、二つの「エコ」、つまりエコノミカル(経済的)とエコロジーから来とるんじゃよ。エコペンは密封した構造で液剤を高精度に塗布するので、一般的に材料の使用量を最大30%無駄なく節約できるといわれているんじゃ。 またペンのように簡単に使えて塗布作業も簡単じゃろ。
 
エコぺンは、非常にコンパクトで効率的な塗布装置だから、手作業のみならず、自動機に搭載して、微小量を安定して繰り返し塗布することが求められる、最先端の製造プロセスでも使用されているんだぜ。
実際の採用現場で、どうやって使われているかちょっと覗いてみようっと!
eco-PENラインナップ
採用事例1

アプリケーション:LEDシーリング
液剤:シリコン(湿気硬化)
型式:eco-PEN600

高粘度シリコンをLED素子へ高速塗布

LED用途での塗布例

バックライト用LEDシートのシーリング用途でのご採用事例です。
LED素子の周囲にシリコン材を防水目的で塗布します。 上からカバーをするため、厚み方向への塗布規定が厳しく、定量塗布が求められます。
エコペン(eco-PEN)の±1%塗布精度で難なく目標値をクリアできました。

eco-PEN内部構造

ステーターの中でローターを連続的に 回転運動させて一定容積の液体を定量移送する「エンドレスピストン原理」で、高粘度液剤やフィラー入り液剤を脈動なく高精度に塗布することができます。

高い密閉性

eco-PEN

密閉性に優れたeco-PEN600を使用して、シリコン材特有の湿気硬化にも対応ができました。数日液剤を入れたまま清掃なしで使用しても、吐出パラメータを変更することなく、安定した塗布が可能でした。

高い密閉性

高い吐出能力

高い吐出能力

次に課題となったのはタクトです。
液剤は比較的粘度の高めのシリコンでしたので、吐出用バルブではタクトが間に合いません。
エコペンでは、同じ圧力でも実にバルブの2.7倍の吐出ができたので、タクトも大幅に短縮されました。

容易な設備搭載

容易な設備搭載

最終的には、直交ロボットに搭載してお客様に納入しました。
コントローラーは外部機器との連携も取りやすく、アナログ信号での吐出量調整も可能です。
どのような設備にも搭載が容易で、プラグ&プレイで塗布作業ができ、お客様も大満足でした。


お問い合わせ

エコペンは高粘度の高速吐出も可能で、粘度変化に対しても影響がありません。低粘度から高粘度まで液剤塗布でお困りのお客様は是非弊社までご相談ください。

ノベルティプレゼント


マイリスト